キャンセル待ちの利用方法は?仕組みも知っておこう!

キャンセル待ちを利用して早く移動する

海外に行くのはほぼ飛行機しか手段がなさそうですが、国内ならいろいろな手段があります。ただ早く移動しようとすると飛行機が良いかもしれません。都市間の航路なら便数も多いですが、時期によっては満席が続くときもあります。できれば早めに予約をした方がいいでしょう。では満席になっていたら乗れないかですが、キャンセル待ちをしていれば乗れる可能性が出てきます。当初は満席だったがその中でキャンセルが出た時に、キャンセル待ちの申し込みをしていると搭乗が可能です。500人規模の座席がある飛行機だと、そのうち10人ぐらいキャンセルが出るときがあるようです。どうしても早く移動したいなら、確実な予約と一緒にキャンセル待ちの申し込みもしておきましょう。

キャンセル待ちの仕組みを知っておく

飛行機のある便に乗りたいとき、残席があれば予約をします。しかし残席がないなら残席がある別の便を予約しなければいけません。この時にキャンセル待ちを申し込めば、キャンセルが出た時にそちらへの変更が可能な時があります。ではキャンセル待ちは誰から充当されるかですが、各航空会社にとっての優良顧客が優先される仕組みです。必ずしも申し込んだ順に充当されるわけではありません。そしていつキャンセル待ちに対する案内があるかですが、よくあるのはギリギリでしょう。乗るつもりの人が間に合わず、直前にキャンセルをするようです。そのためにすぐに手続きができる場所で待機していなければいけません。呼ばれたらすぐに行けるように準備しておきましょう。

フラマイレーツを探す

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です